So-net無料ブログ作成
検索選択

ガラスの家 あらすじ 最終回 1話~6話のあらすじ

スポンサーリンク




今週はNHKドラマ10「ガラスの家」の第7話です。

ぼちぼち最終回が見えてきました(全9話)

ガラスの家は大石静さん脚本で、主題歌は西野カナさん。

かなりNHK力(りき)入ってます。



さて、この枠で前回放送されていた「激流~私をおぼえていますか~」に原作本があったので、「ガラスの家」も原作本あれば最終回がわかるな、ということで探しました。



その結果・・・



原作本はありません!!



だから最終回のあらすじもわかりません!!



すいません。




お詫びに1分でガラスの家の全貌がわかるあらすじを書きます。



続きは後半で



スポンサーリンク







1話~6話あらすじ


主なキャスト

澁澤黎(井川遥)・・・一成の妻。初婚。

澁澤一成(藤本隆宏)・・・黎の旦那。再婚。財務省のほぼトップにいる。

澁澤仁志(斉藤工)・・・一成の長男なのに、黎のことが女性として好き。財務省勤務。若手なのでペーペー。



とりあえずこの3人だけわかってれば何とかなります。


後は枝葉なんで(←失礼)





物語は黎と一成の再婚からスタート。

結婚したとたん、一成は黎に冷たくなり、悲しむ黎を励ますうちに仁志は黎を好きになる。


一成と仁志は仕事のことで衝突。


仁志は公務員制度改革を掲げる政治家・村木陽介(片岡愛之助)に惚れ込む。

一成は公務員制度改革をしてほしくないので、村木陽介を追い落とそうと裏工作中。第7話では裏工作が実を結ぶ模様。


黎は一成に冷たくされ過ぎて、仁志(6話で実家を出てひとり暮らしを開始)と一夜を共にしてしまう。


しかし、黎は仁志といっしょにはならず、別のところで一人暮らしスタート。



黎の家を探偵に調べてもらった一成が黎の自宅(一成が探偵を雇って調べた。すごい執念)に登場。

黎ちゃん、冷たくしてごめん!戻ってきて!と平謝り。



するとノックをトントントンとする音。



なんとこのタイミングで仁志(黎の家は独自調査で突き止めた)登場。



第7話はとんでもないバトルになっちゃうんじゃなかろうか・・・


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。